リキュール

女性にも男性にもお勧めなお酒!アマレットの飲み方・頼み方

アマレット(amaretto)はバーでよく注文されるリキュールの一つです。アルコール度数は28%とちょっと強い甘いリキュールですが、飲み方によってはお酒の弱い女性にもおすすめできますし、ゴットファーザーのように強いお酒が好きな男性にも好まれます。

原料はアンズの”核”と言われている種の中です。それをブランデーに付け込んだリキュールで、イメージ的には梅干しの種の中を付け込んだ感じがわかりやすいかもしれません。

アマレットの由来はこのお酒のように甘く、イタリア人の画家の恋人の女性が彼にプレゼントするために作ったのが由来です。

アマレットはデイサローノというメーカーが作っているデイサローノアマレットが最も有名です。デイサローノ社はイタリアのサローノという町の名前がそのままメーカーになりました。アマレットという名前は、イタリアのお菓子でアマレッティーというお菓子で風味が似ていることからアマレットという名前になりました。

日本のバーでは、このメーカー以外のアマレットはほぼ扱っておりませんので、写真のようにデイサローノアマレットがアマレットを代表するお酒です。甘い味の反面ボトルは男らしいデザインです。

本日は青山一丁目のバーで10年間バーテンダーをやっているケイジがアマレットの飲み方、通な頼み方を紹介してまいります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

お酒が弱い女性にお勧め!サザンカンフォート飲み方・頼み方

サザンカンフォート(Southern Comfort)というリキュールをご存知でしょうか?

サザンカンフォートは中性スピリッツ(エタノール95%以上の蒸留酒)にレモンやピーチ、オレンジなどの果物とハーブを付け混んで、それをさらに樽で6ヶ月間熟成させたお酒です。

味わいとしてはフルーツフレーバーが口の中ですっきりする感じで、お酒が弱い女性にもお勧めしやすいお酒です。レモンやピーチ、オレンジなど様々なフレールが溶け込んでますが、どのフルーツが突出しているというわけではなく全体でフルーツフレーバーな味です。

サザンカンフォートはバーテンダーにとってみれば当たり前のお酒ですが、一般的にはなじみがないかもしれませんね。でもスカーレットオハラなどの有名なカクテルにも使われいます。またクラブやイベントなどではSouthern Comfortの単語の最初の2文字ずつとってSOCO(ソコ)という愛称で呼ばれてます。

SOCOは外国でも親しまれている愛称です。ただしオーセンティックなバーで「SOCOで」なんて言うと”ちゃらい”印象をバーテンダーは受けますのでバーで頼むときは「サザンカンフォート」と頼むようにしましょう。

本日はサザンカンフォートの歴史からおすすめの飲み方、カクテルなどご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ロックで頼むと通なお酒!コアントロ―の飲み方とカクテル

コアントロ―(Cointreau)は王道的なリキュールで、あらゆるカクテルのベースとして使われますので、世界中どこのバーにもおいてありますし、ケーキやお菓子にも使われます。そういった事からリキュールとして世界一消費量が多いのではないのでしょうか?

コアントロ―をベースにした、カクテルは無数にありますが、有名なところでも、

・マルガリータ
・サイドカー
・ホワイトレディー
・カミカゼ
・バラライカ
・XYZ
・コスモポリタン

これだけ有名なカクテルのベースになっているのです。しかしコアントロ―をロックで頼む人は少ないです。私のバーテンダーとしての経験の中でもあまりいません。だからコアントロ―をロックで頼む人は「お、お酒知ってるなー」という風に思ってしまいます。またコアントロ―のボトルがウイスキーのような四角いボディーでカッコいいです。

本日はコアントロ―の飲み方・頼み方、そして簡単にカクテルの作り方までいろいろご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

飲み過ぎた翌日に最適なカクテル!カンパリの飲み方・頼み方

カンパリは薬草リキュールの中では誰もが知っているブランドです。消費量が多く、このお酒を置いていないバーは日本にはないでしょう。アルコール度数は25度位で、焼酎と同程度で強すぎず飲みやすいお酒です。

最近、女性の味の好みのが辛口志向になってきており、10年前だとカシスやライチリキュール、カルーアなどの甘いリキュールが女性の中ではよく飲まれるお酒だったのですが、最近の女性の傾向としては”さっぱり”している飲み物を好む方が増えており、現在では女性に飲み初めの1番最初におすすめしやすいリキュールです。

カンパリを飲むタイミングでおすすめなのが特に前日に飲み過ぎで疲れきっていて、それでも今日も飲まなくてはいけないという状況に、「カンパリソーダ」か「カンパリロック」を飲みます。

疲れた日にカンパリを飲むというのはバーテンダーの間ではよくある話で、カンパリをロックで飲むとわかりやすいのですが、最初苦くて後味がほのかに甘い感じが、どこか子供の頃飲んだイソジンのような感じが心を落ち着かせるのです。(もちろん医学的根拠はありません!)

本日は青山一丁目で10年間バーテンダーをやっている私ケイジがカンパリカクテルの飲み方から、頼み方までご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

バー初心者におすすめ!スッキリと飲みやすいペルノの飲み方

ペルノを知らない人も、きっとこのラベルはどこかで見た事があるのではないでしょうか?バーでは比較的よく飲まれているお酒ですので、置いていないバーや酒屋はありません。

非常にすっきりしていて飲みやすくグイグイ飲んでしまわれがちなお酒です。バーの初心者の方が頼むのにはいいお酒です。

ジントニックほど強くなくバーに行ったことのない女性にすすめてみてはいかがでしょうか?食前酒ではありますが、あぶらっぽい料理の口直しでソーダ割りで飲むのが私のおすすめで、2件目のバーの1杯目に最適なお酒です。

なにより、お酒好きではない限り女性が知っていることもありませんので、すこしカッコつけて注文してみてはいかがでしょうか?

本日はペルノの飲み方を青山一丁目で10年バーテンダーをやっているケイジが解説いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

女性も喜ぶシャルトリューズのバーでの飲み方と注文の仕方

シャルトリューズ (Chartreuse) はバーに行く人には広く知られているリキュールですが、バーに行かない人にとっては聞いた事がないお酒だと思います。シャルトリューズはブランデーベースの薬草のリキュールです。薬草リキュールは砂糖とか糖分が添加されているので甘いのが特徴です。

シャルトリューズには定番として2つの種類があります。”ヴェール”とジョーヌ”です。お酒やラベルの色から

”緑やグリーン(ヴェール)”
”黄色やイエロー(ジョーヌ)”

と色で注文するのも一般的です。

その中でもハーブ系リキュールといわれるシャルトリューズは、グリーンはミントっぽいハーブ系の味わいです。イエローのは、はちみつっぽいグリーンよりも甘く感じるリキュールです。

では今回は青山一丁目でバーテンダーを7年やっている私”ケイジ”がシャルトリューズの飲み方から注文の仕方などを丁寧に解説していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0